シミの原因は対岸の火事ではない

シミを発見した時には、一刻も早く消してしまいたいと思うものです。ただシミがあらわれた要因を把握しないと、どんなものを使っても、きちんと効果があらわれないでしょう。治療の効果を高めるためにも、今あるシミの要因を明らかにしましょう。

シミが出現する要因については3つの要因に大別でき、その中では紫外線が一番に挙げられる原因です。

紫外線が皮膚にダメージを与えないようにメラニン色素が生成されて、皮膚内に残ってしまうことでシミになってしまいます。

これまで紫外線に対して無防備だったために、年齢を経た現在になってシミが出てきたと悩んでいる人は実はたくさんいます。

シミになってしまう理由としてさらに言われているのは、ホルモンのバランスが悪くなることです。

妊娠がきっかけだったり生理周期の影響でシミができた経験をしている女性は少なくありません。

妊娠をしている間に発生したシミが出産をした後に無くなるのは、黄体ホルモンの分泌が終了したからと言われています。

生理や妊娠以外のホルモンバランスの乱れによってシミができたら、婦人科系の病気のリスクが高いと言えるでしょう。

どうしてシミが発生したのか判明せず体調に異変が見られる際は、婦人科で相談してみるといいでしょう。

この頃はだいぶ少なくなったようですが、化粧品によるトラブルが原因でシミができることもあります。遺伝が要因となってそばかすができやすい人もいます。

そばかすに悩む年代は、その他のシミとは大きく違います。

シミができるのは20代から50代が普通とされていますが、そばかすに関しては5歳児あたりから見られ、何かと気にしがちな10代で増えてしまいます。

シミの原因がどこにあるのか自己判断が難しい人は、皮膚科の医師に相談するのがよいでしょう。

脱毛 青森
ブライダルエステ 福井
ブライダルエステ 群馬